ベラジョンカジノって違法なの?利用しただけで逮捕って本当?その危険性を徹底解説

ベラジョンカジノにイカサマはあるのか?

ベラジョンカジノって違法…?利用しただけで逮捕…?その危険性を徹底解説します

ベラジョンカジノは、世界でも有数の知名度を誇るオンラインカジノです。ただ日本では少し違法チックなサイトに広告を出稿していることもあり、少しマイナスなイメージがついて回ってしまっているような印象もありますよね。

そういったこともあってか、中にはベラジョンカジノをプレイすると日本では罪に問われる?といった、かなりの不安を持っている方も一定いらっしゃるようです。たしかに出来心でオンラインカジノをプレイした結果、罪に問われてしまっては元も子もないですよね。

さて本記事では、そんな不安を払拭するために、オンラインカジノの安全性そして危険性についても詳しく解説します。オンラインカジノに興味のある方にとっては、とっても気になる重要なポイントかと思うため、ぜひ事前にチェックしておきましょう。

ベラジョンカジノは違法ではない!その理由も詳しく説明します

上記の見出しにも書いてしまいましたが、結論からいうとベラジョンカジノは違法ではありません

日本では賭博禁止法により、競馬や競艇などの国が管理している公営ギャンブル以外の賭け事は、基本的には禁止されています。しかし現在の日本には「オンラインカジノ」を取り締まる法律が整備されていないため、違法になりようがないのです。

この「オンラインカジノ」という新しい形によって、私たちは安全にプレイすることができるのです。さらに詳しく見ていきましょう。

なぜベラジョンは違法じゃないの?賭博法とオンラインカジノの関係性

現在の日本でカジノ(オフライン)が禁止されているのは、賭博罪と賭博場開張図利罪に触れてしまうからです。まずはそれぞれの法律を簡単に説明させていただきます。

賭博罪と賭博場開張図利罪の違い

「賭博罪」はお金を賭ける行為を禁止するためのもの。「賭博場開張図利罪」はお金を賭ける場所の提供を禁止するもの。といった法律になります。

賭博罪を見るとあたかもオンラインカジノの利用は法に触れるように見えますが、これはあくまで「日本国内」でのみ適用されるものなのです。日本人が海外でカジノをして儲けたという話を聞いたことはあるでしょう。そしてそれは海外での行為にあたるので、国内の賭博法には引っかかりません。

ベラジョンカジノのサーバーは海外にあり、オンラインカジノの運営も海外の企業がその国の法律に従って、合法的に行なっています。この「日本にいながら海外のカジノをプレイしている」という特殊な状況により、ベラジョンカジノを日本でも楽しむことができるのです。

ただオンラインカジノは飽くまでグレーゾーン

ちなみに賭博法で取り締まる際は、運営とプレイヤー両方を検挙できるのか、という点がポイントになっています。国内にいるプレイヤーは日本の警察が検挙できるかもしれませんが、海外で合法的に運営してAいる企業を、どのようにして日本が捉えることができるでしょうか。この点によりオンラインカジノは、国内でも楽しむことのできるサービスとなっているのです。

しかしあくまでこれは、現状の話にしかすぎないという点には注意が必要です。オフラインのカジノ自体は日本の法の下では許されていないため、「オンラインだからいいのか」といった議論はさまざまな場所で繰り広げられています。ゆえにあくまでグレーゾーンであり、裁く法律が無いから黒ではない、といった立ち位置にいることを頭に入れておいた方がいいでしょう。

ベラジョンカジノをプレイすると逮捕されることはあるのか

2021年の9月時点では、ベラジョンカジノをプレイしたことによる逮捕者は、日本国内では前例がありません

他のオンラインカジノでの逮捕は過去にいくつか例がありますが、それはどれも「運営元が日本国内の企業であった」ことが原因となっています。日本人プレイヤーが日本国内におり、日本の企業が運営するオンラインカジノを遊んでしまったら、前述の法ので裁くことが出来るため、捕まるのも当然です。

しかしベラジョンカジノは、カジノが法的に認められているマルタ共和国の政府からのライセンスを取得しており、サーバーも国外にあるため問題ありません。

海外が運営するオンラインカジノでも、正式に国から許可を得ずに営業しているいわゆる「闇カジノ」もあるため、日本以外の国が運営しているカジノはすべて信用できる、というわけではないということは覚えていた方がいいでしょう。

また日本国内でも、逮捕された後に徹底的に弁護士を据えて法廷と争った結果、不起訴になった例もあり、検察側もオンラインカジノについては強く出れないということが分かります。

「インターネットカジノ」と「オンラインカジノ」

パソコンでプレイできるカジノには「インターネットカジノ」と「オンラインカジノ」があるのですが、前者の「インターネットカジノ」には注意が必要です。

どちらもインターネット上でカジノ行為をするという点では同じであるため、非常に分かりづらく、どうしてもごちゃごちゃになってしまいがちです。ふたつの間にどのような違いがあるのか、一緒に見ていきましょう。

インターネットカジノの定義とは

まずは「インターネットカジノ」についてですが、こちらは営業許可を持っていない日本の店舗によって運営されているものになります。そして「ネットカジノのできる場所の提供」をサービスの定義となっているのです。

ここで問題となるのは「運営許可をとっていないこと」と「場所の提供」を行なっていることです。

実際にネットカフェのような場所を提供して、そこでプレイヤーに賭博行為をさせたとして、大阪市のネット賭博店「ビッグボム」の従業員ら5人が、賭博罪と賭博場開張図利罪の両方に引っかかって逮捕されてしまった事例もあります。

対してオンラインカジノの定義は?

「オンラインカジノ」ですが、こちらは海外の合法ライセンスをもつ企業によって運営されており、運営元の自社ウェブサイトがサービスとなっているのです。そのため先述の通り、2021年9月現在の日本の法律では取り締まることができません。

インターネットカジノは特定の場所でしかプレイできないという特徴もあり、それはすなわち「賭博場を提供している」こととイコールになってしまい、結果として違法になってしまいます。遊ぶときは運営する企業・サーバーが海外にあること、そして一定の場所でしかプレイ・換金できないものではないこと、の2点をしっかり確認してから遊ぶことを心がけましょう。

安心安全を提供する、ベラジョンカジノのライセンス

ベラジョンカジノが安全なオンラインカジノであるということの保証の大きな要素は、先述した「マルタ共和国の政府のライセンスを取得している」ことにあります

マルタ共和国はヨーロッパの地中海に浮かんでいる小さな島国で、EU加盟国でもあります。マルタ共和国は賭博が違法でなく、ライセンスを発行できる20数ヵ国の中でも、そのライセンス基準が厳しいことで有名な国なのです。

カジノでは大きな金額が動くため、政府としても税金の徴収のためライセンスを簡単にしている国もあります。しかしそうすると市民がトラブルに巻き込まれる危険性も高まり、プレイヤーとしても(たとえオンラインだとしても)そのような国のカジノで遊ぶのは怖いでしょう。

またマルタでは珍しくライセンスを付与した後も、その企業に対して定期的に抜き打ち検査を行なっています。一度許可を得たからといって好き放題に運営を行なっていたら簡単に剥奪されてしまうのです。ただ2021年現在でもオンラインカジノを運営し続けられていることから、ベラジョンカジノのしっかりした運営態度が見てとれます。

あくまで「現状取り締まることができない」ということには注意

現状の法律では、ベラジョンカジノ(オンラインカジノ)を遊んで捕まるようなことはほぼありません。ただ重ね重ねにはなってしまいますが、これからの法改定次第でどうなるのかはわかりません。日本国内ではパチンコや競馬にお金を落として欲しい組織も多く、それらからの圧力によってオンラインカジノを捌くための法律がつくられる可能性もあるといえるでしょう。

しかしそれとは逆に、日本にもカジノを作ろうとする「カジノ法案」も2016年ごろから動いています。リゾート地にホテルやカジノを含んだ巨大施設を作ることで、経済の活性化を図ろうとする動きです。そうなれば「このオンラインカジノは違法なのかか」「このカジノは大丈夫なのか」といった心配をすることも、ぐっと減るでしょう。

グレーゾーンではあるけれど今は安全である、というのは覚えておいた上で、これから先の法律の改正の動向にも注目し続けたいですね。

違法ではなく合法のベラジョンカジノで、カジノライフを楽しもう!

ここまで簡単に、ベラジョンカジノの違法性について説明させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。最近よく聞くベラジョンカジノの安全性について、気になっているからこそ最後まで読んでいただいた方も多いと思います。

改めて簡単にまとめ直すと、以下の3点からベラジョンカジノは安心安全と言えます。

  • 正式なライセンスを得た海外の企業が運営している
  • そのライセンスは基準が厳しく、他のオンラインカジノと比べても信用できる
  • サーバー、運営共に海外のものなので国内の賭博法では取り締まれない

これからもベラジョンカジノで、ギャンブルを存分に楽しみましょう!また本記事経由で登録いただくと、今だけ限定の30ドルのボーナスを手に入れることができます。

ベラジョンカジノが違法でないことにホッとして、始めてみようかなという気持ちになっている方もいると思うので、ぜひ以下から登録を行い、元手の30ドルをどんどん増やしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です