【2021年最新】パチンコで勝率を上げるのは可能?パチンコで勝つ方法・コツを紹介!

パチンコで勝率を上げる方法

パチンコで勝てるようにするにはどうしたらいい?

パチンコの勝率をあげるためのコツって何があるんだろう?

パチンコを日頃から愛好している方や初心者の方にとって上記の悩みはつきものですよね。

そこで、パチンコ愛好家の筆者が、今回の記事ではパチンコの勝率を上げるためには?にフォーカスしてお伝えしていきます。

この記事を読むと、パチンコで勝つための方法やコツが体系的に学べるのでぜひ参考にしてください!

目次

パチンコの勝率を上げる方法は存在するの?

パチンコの勝率は上げれるのか?

結論からお伝えすると、パチンコの勝率を上げる方法は存在します。

初心者でもパチンコの基本を知って、立ち回りを覚えれば勝率を徐々に上げることも可能です。

なぜなら、パチンコには台ごとに釘の設定と大当たりの確率が設定されていて、投資金額に対して何回転回っているかを計測すれば、収支がプラスになるかマイナスになるか計算できるからなんですね。

そこで、この項目ではパチンコの概要をお伝えしたながら、勝率を高めるためにはどんな行動を行えばいいのかをお伝えしていきます!

控除率が高いから基本的に勝てない

ギャンブル名 還元率
オンラインスロット 90%以上の機種が多い
パチンコ・スロット 80%から85%
公共ギャンブル(競輪・競馬等) 70%から80%
宝くじ 46%

パチンコの還元率の低さは80%から85%とされており、1万円の投資で8,500円しか還ってこない計算です。

その他ギャンブルと比べても、日本で行われている公共のギャンブルは全体的に還元率が低く、基本的に勝てない設計がなされているんですね。

ただ、パチンコやスロットに限っては勝てる台を探すことで勝率(期待値)を100%以上まで持っていけます。

台の期待値をどのように見極めるかが勝率が高くなる、低くなるという分岐点です。

長期的にパチンコで勝つためにはボーダー理論を覚える

長期的にパチンコで勝つための1つの手段としてボーダー理論があります。

後ほど詳しく解説しますが、ボーダー理論はパチンコ台の回転率と初当たり確率を見極めて投資金額に対して、効率の良い回転を行っているかを確認する方法です。

長期的に勝つためには常に期待値プラスのギャンブル行い続ける必要があるので、期待値を計算できるボーダー理論は最適解と言えるでしょう。

甘デジや羽根物といった大当たり確率の高い台を打つ

ボーダー理論を成立させるためには、甘デジや羽根物といった大当たり確率の高いパチンコ台を打つことが重要です

ボーダー理論を行っていく上で、大当たり確率が低ければ低いほど資金回収ができず、枯渇してしまう可能性があるからなんですね。

具体的な甘デジ機種と羽根物機種名称とカタログスペックは以下の通りです。

甘デジ・羽根物機種名 カタログ初当たり確率
PA真怪獣王ゴジラ 1/77.1
PAわんわんパラダイスV 1/99.9
PAスーパー海物語 IN JAPAN2(太鼓の達人) 1/99.9
PAウイニングボール 1/4.85~1/4.1

【5選】パチンコで勝率を上げるためのコツとは

パチンコの勝率を上げるコツはこれ

パチンコで勝率を上げるコツはどんなことがあるのでしょうか。

具体的にパチンコで勝つ方法は以下の通りです。

  1. ボーダー理論に従って打ち続ける
  2. 天井狙いをする
  3. グランドオープンを狙う
  4. パチンコ店店員と仲良くなる
  5. 常に仲間内で『最新』情報を共有し合う

これらの項目を落とし込めば、効率良く勝率を上げられるので詳細に解説していきますね。

ボーダー理論に沿って打ち続ける

パチンコの勝率を長期的に上げていきたいのであれば、ボーダー理論に従って打ち続ける必要があります

なぜなら、ボーダー理論に従った打ち方は初当たりで収支がプラスになるパチンコの打ち方だからですね。

ただし、確率はあくまで確率で収束するまでに時間がかかりますし、確率の分散も当然存在します。

そのため、ボーダー理論を使えば勝率を上げられる可能性は高まりますが、資金が枯渇してしまっては投資分の回収ができないので注意してください。

天井狙いを行う

ボーダー理論では甘デジタイプで常に資金を回収していけばいいのですが、ミドルクラスのパチンコ機種になると天井狙いの方が期待時給が高まります

なぜなら初当たりの確率が低く、期待出玉が多いからですね。

具体例を出すと、初当たり確率が1/300の台が250回転で止まっているパチンコがあると仮定すると分かりやすいでしょう。

4円パチンコで期待出玉が3000発、50回転が2〜3,000円程度で回ると仮定すると、期待時給は1万円以上となります。

もちろんこんな美味しい台がある訳ではありませんし、確率の分散もありますがが、初当たりの確率と回転数が近ければ近いほど期待時給は高まっていくというわけです。

グランドオープンを狙う

また店舗のグランドオープンは、釘の設定が甘くなる慣例があると言われています。

グランドオープン日は来店するお客様に楽しく打ってもらい、その後常連さんになってもらいたいという店側の思惑があるからですね。

ただし、あくまで店舗からの公式発表ではなく噂程度の話なので1つの攻略法として覚えておくと良いでしょう。

パチンコ店店員と仲良くなる

少しずるい方法かもしれませんが、パチンコ店店員と仲良くなるのも勝率を上げる手段です。

パチンコ店員の中でも店長に近ければ近いほど良く、パチンコ台のインサイダー情報などが会話をしている中で聞ける可能性があるからです。

ただし、ホンモノのインサイダー情報は絶対に店長であっても口外できない内容なので、あくまで参考程度に聞くようにしてくださいね。

仲間内で『最新』情報を共有し合う

最後に仲間内でパチンコホールの『最新』情報を共有し合いましょう。

カタログスペックと初当たり確率がズレているや、あのパチンコホールは釘がきつい・甘いなどの情報は勝率をあげるために必ず必要になってくるからです。

基本的にカタログスペックからずれるのが当たり前なので、パチンコ仲間や掲示板などを駆使して、ギブ&テイクを行い情報を共有しましょう。

パチンコで勝率を上げるために行ってはいけないこと

パチンコで勝率を上げるために行ってはいけないこと

続いての項目ではパチンコで勝率を上げるためには絶対に行ってはいけないことを解説していきます。

メジャーな項目に絞ってお伝えしていくので、必ず以下の項目を守ってパチンコでの勝利を掴んでください。

  1. ガラガラのパチンコホールでプレイする
  2. 客層がプロばかりのところで打つ
  3. 回収時期にパチンコを打ってしまう

ガラガラのホールでパチンコを打ってしまう

ガラガラのホールでパチンコを打ってしまうのは客層にもよりますが、あまりおすすめできません。

なぜなら、ホールの維持のためにパチンコの釘設定を強くしなければならず、店側が利益を上げるために通常よりも控除率を高めている可能性があるからです。

パチンコホールはオンラインカジノと違い、実店舗形式なのでこういった仕様もある点に注意してくださいね。

ただし、ガラガラのホールであっても客層が年配の方たちばかりであれば、美味しい台になっている可能性もあるので、ホールの空き具合はあくまで参考程度にしてください。

客層がプロばかりである

客層がパチンコスロットプロばかりのホールではプレイしてはいけません。

なぜなら、先ほどのガラガラのホールと同様にプロが座っていない台は、ボーダー理論に適合しない可能性が高いからです。

プロばかりのホールではボーダー理論が上手く適合する台が全て取られてしまっていたり、

ハイエナによって天井狙いができないなど様々なデメリットがあります。

そのためにも周辺のホール情報をきちんと収集し、初心者や暇つぶしの年配の方が多い方のところを回ってくださいね。

回収時期にパチンコを打ってしまう

最後にパチンコホールには回収時期と呼ばれるものが存在していることに注意してください。

回収時期とは、どんなに設定が甘い店であっても利益確保のために通常よりも釘をきつく設定したり、スロットの設定を辛めにしたりする時期を指しています。

例えば、三重県では元旦にオールナイト営業が行われますが、一大イベントで多くの来場者が来るので回収時期に設定されていると噂されています。

回収時期に関してはホールから通達されないブラックボックスですが、人が多く来場するイベントや長期休暇などが設定されている日は、回収時期に設定されやすいので注意して稼働してくださいね。

パチンコで勝率を上げるよりも投資対利益の考え方を大事にしよう

パチンコで勝率を上げるよりも投資対利益の考え方を大事にしよう

続いてそもそもパチンコで勝率を上げるという考え方でよく起きてしまう落とし穴をお伝えします。

勝率という言葉は意外と難しく、1日単位の勝ちを指しているのか初当たりで稼いだ額がプラスを指しているのか分からなくなりますよね。

そこでこの項目では、勝率を上げるよりも投資対利益の考え方をお伝えし長期的にかつ思考とは何かを解説していきます。

勝率は高い方がいいという考えの間違い

大前提として勝率が高い方がいいという考えは大きな間違いがあります。

具体例を伝えておくと、勝率が80%であっても投資金額と負け額に差が出ているとトータル収支がマイナスに転じる場合もありますよ。

1円パチンコでは100%の勝率を保持していたとしても、4円パチンコの勝率が0%であれば単純に投資額が4倍になっているので損失額も4倍近くになっているはずです。

詳しい計算は省きますが、勝率ばかりにこだわっていると大きく負け越してしまう恐れもあると覚えておくとよいでしょう。

投資額対収益の考え方が大事な理由

ギャンブルを行っていく上で、投資額に対してどれだけの収益を上げているのかを必ずチェックする必要があります。

なぜなら、先ほどお伝えした勝率ばかりに気を取られてしまうと大きく負け越してしまう可能性があるからですね。

投資額に対してどれだけ収益が発生しているのかを毎日記録していき、トータルで勝ち越すパチンコを行ってください。

月・年平均で勝つパチンコを意識しよう

パチンコ・スロットで長く生き残っている人ほどトータルの収益に目を向けている人が多いです。

パチンコは確率のギャンブルのため、収束と分散があるため短期的な勝ち負けにこだわっている方が少ないからなんですね。

日ごとの収支を意識してパチンコ・スロットをプレイするのもいいのですが、あくまでトータルの収支をきちんと算出するようにしてください。

パチンコで勝率を上げるボーダー理論とは

パチンコで勝率を上げるボーダー理論とは

続いてパチンコで勝率を上げるためのボーダー理論について詳しく解説していきます。

冒頭でもお伝えしましたが、長期的にパチンコで勝率を上げるためにボーダー理論が有効です。

パチンコで勝ち越したいと考えている人ほど、じっくりと目を通しどう戦えばよいのかを知っておきましょう。

ボーダー理論の概要

ボーダー理論とは、投資額に対してパチンコが何回転すれば期待値プラスのプレイができるか、つまり損益分岐点を算出してプレイする方法です。

必要な確率的な数字は以下の通りです。

  1. 初当たり確率
  2. 期待出玉
  3. ホールでの貸玉交換比率

机上の計算では1番と2番さえあれば算出できますが、パチンコを打つ際にはホールの控除率も根拠として算出しないと、具体的な数値に落とし込めません

勝率を上げるボーダー理論の考え方

さてボーダー理論で勝率を上げるために具体的な数値を算出してみましょう。

  1. 初当たり確率は1/100
  2. 期待出玉数3000(4円パチンコ)
  3. 投資金額1000円

パチンコホールの控除率はホールによって異なるため省いています。

すると、以下のようにボーダーラインを計算できますよ。

  1. 100回転したら収益は1万2,000円(4円×3000発)−投資金額で算出できる
  2. 100回転した瞬間に1万2,000円になればプラマイ0になる貸玉数は3000発
  3. 100回転の内1回転がどのくらいの頻度で訪れればいいかは3000発÷100回転=30発/1回転
  4. 最初の1000円の貸玉は250発なので、250発÷30発/1回転=8.3回転/1,000円

よって、この機種の投資金額1000円に対するボーダーラインは8.3回転と算出されます。

8.3回転という数値以上の回転があれば、そのパチンコ台は収益がプラスになる台として認定できる訳です。

確率の収束まで打ち続けるのが原則

先ほどのボーダーラインに関してはあくまで理論値であり、パチンコには確率の分散がある点を忘れてはいけません。

たとえ、ボーダーラインを超える回転数を誇っていたとしても、初当たりの確率通りに当たりが訪れない可能性の方が高いです。

もしあなたが高回転数を誇っていたとしても、確率の分散により資金が枯渇してしまえば回転を継続させられず退店となります。

そのため、ボーダー理論を実践するためには、資金的余裕が必要ということがはっきりと分かりますね。

ボーダーより回らないパチンコ台は打たない

最後に最小金額の1000円を入れてボーダーより、圧倒的に回らないパチンコ台に座ってしまったら、素直に損切りを行いましょう

ホールによって釘の設定がとても狭くなっており、抽選がまったく起こらなければ勝てるパチンコ台ではないということです。

いくら投資をしたところで損失が膨らむばかりですよ。

パチンコよりも勝率を上げられるスロットが存在するのは知っていますか?

パチンコよりも勝率を上げられるスロットが存在するのは知っていますか?

さて最後の項目ではパチンコよりも勝率を上げられるオンラインカジノのスロットについて詳しく解説していきます。

当サイトでは、日本で一番有名なベラジョンカジノというオンラインカジノをおすすめしているので、こちらで扱われているスロットを中心に紹介していきますね。

RTP値の高いオンラインスロット一覧

ベラジョンで扱われている還元率(RTP値)が高いスロットは以下の通りです。

RTP値が高い機種名 還元率(RTP値)
Mega Joker 99%
1429アンチャーテッドシーズ 98.6%
ブラッド・サッカーズ 98%
ホワイト・ラビット 97.3%

これだけ見るだけで、日本のパチンコやスロットがどれだけ還元率が低いか分かりますよね。

およそ10%以上の開きがあるため、パチスロよりもずっと効率よく勝てる可能性がありますよ。

オンラインカジノは期待値プラスにすることだって可能

ちなみにオンラインカジノでは、様々なカジノゲームで遊べるのはあなたはご存知でしょうか。

ベラジョンカジノでは様々なテーブルゲームが遊べるようになっていて、特におすすめはブラック・ジャックとバカラですね。

ブラックジャックはベーシックストラテジーを覚えて、バカラはベッティングシステムに沿って戦えば99%近くの還元率を誇るんです。

テーブルゲームはボーナスの消化率があまり良くありませんが、高い確率で収益をプラスにできるので、プラスになったお金を使ってRTP値の高いスロットを回せば簡単にボーナスをリアルマネーに変換できてしまいます!

オンラインカジノの中でもベラジョンカジノは別格の存在

数あるオンラインカジノの中でもベラジョンカジノは別格の存在で、数々のRTP値が高いスロットからテーブルゲームまでを幅広く揃えています

そのため、先ほどお伝えしたように初回限定で貰えるボーナスでバカラやブラックジャックで利益を出した後、時給を高めるためにスロットで消化していきます。

すると、なんとたった『0円』でお金を手にしてしまうことだってできてしまうんです…

もし、あなたがパチスロよりも高い確率で収益をプラスにしたいなら、ベラジョンカジノを1度お試しプレイしてみてはいかがでしょうか?

パチンコはボーダー理論を知って理論的に勝てるようにしよう!

パチンコはボーダー理論を知って理論的に勝てるようにしよう!

今回の記事では、パチンコの勝率を上げる方法を徹底的に解説してきました。

パチンコは店舗側の控除率が高く、何も考えずに打ってしまうと収益はマイナスに転じてしまいます

でも、ボーダー理論や各種コツを試せばきっと勝率は上向いてくるはずです。

最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です